業界参入で知っておいて欲しいこと 1

顔で繋がる商売 直セールスの是非を考える

旅行業界に参入したばかりの施設さんの話です。
弊社と同行セールスし、広島一帯のエージェントさんにも名刺を配りました。後日、弊社がこの施設のチラシを持って単独でルートセールスした際に、「この前、直接DMが来てたよ。割引チケットも同封されてたよ」とエージェントさんから言われました。
名刺交換したエージェントさん全てに送っていたようです。弊社はその旨すら知らず、恥をかきました。
業界素人の施設さんなので、顔をたてる事の重要性をお話しました。

ある大型旅館さんは、エージェントさん経由でのお客様に直接DMを送り、さらに割引チットを同封していたという噂もあります。エージェントさんが聞いたら二度と送客しなくなるでしょうね。直セールスが悪いとは言いません。ですが、商売のルールも大切です。
DMに一言「○○トラベル様を通じてまたお越し下さい」とか「福山サービスセンターイトウさんを通じて・・・」の一文があれば、まったく問題ないのです。
エージェントもフロントも顔で商売をしています。お互いを立てて、気持ち良い取り引きを続けましょう。
(2011年8月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤部長)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック