フロントとして想うこと 33

オーバーブッキングの妙技

 ”オーバーブッキング“。

予約係にとって嫌な言葉ですが、これは適正に空室を埋めるには必要なことでもあります。
一般団体は目減り、募集ツアーなら取り消しの可能性がかなりあります。

TOPシーズンの土曜日などに穴を開けてしまえば予約担当者としては大問題です。
これを避ける為に予約係の経験と勘で敢えてオーバーさせて勝負することが定石ですが、経験の浅い担当者だとこれが出来ません。

「いっぱいです」の満室回答が一番楽ですが、良い日に穴を開けてしまえば会社(旅館)が困ります。

読みが外れて本当にオーバーさせてしまえば誰もが大変な苦労を強いられ、できることなら避けたいところですが、簡単に満室回答ではなくチャレンジ精神は持って欲しいものです。

昔も今も予約は旅館・ホテルの華形であり生命線なのですから。

HP画像8
(2013年7月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤部長)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック