フロントとして想うこと 26

画像データの知識は常識の時代に

旅行業者さんから「料理写真を至急Eメールで送ってくれ」と依頼されることも最近は多くなっています。
ところがこの画像データの知識のない人がかなり多いようで・・・。

【画素数・精度】【ファイルサイズ】【画像サイズ】【解像度】【拡張子】という言葉の意味は、当然の如く知っておくべき知識です。これらの意味も理解していないために
①募集チラシに掲載する写真がギザギザ&ガタガタ 
②一般団体だが料理写真を提示して行き先を決めてもらうのに、エージェントさんのプリンタで印刷してもらったがギザギザ&ガタガタ、小さなサイズ 
③とりあえずモニターで見るだけなのに必要以上に重いデータ 

ということが日常的に起きています。

HPブログ画像2
画像データをEメールで送るにしても、相手先のメールサーバーの受信容量制限で大きなサイズだと跳ね返されることもあります。
この対策としては、宅ふぁいる便などの無料サービスがあります。

これらの知識が無い、もしくは理解できる人が1名程度しかいない施設さんは危機的状況です。
昔と違い、料理写真ひとつで団体予約が決まるか否かということは多々あります。写真データの選択ひとつで団体を取り逃すことは大変なマイナスです。
また、その迅速さも大変重要です。依頼して「今日はパソコン担当がお休みなので明日に…」などと言っていてはお客様に逃げられてしまいますよ。

(2013年4月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤部長)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック