フロントとして想うこと 19

質的充足感と精神的充足感

image2012-12これは先日、私が体感した話です。ビジネスシューズを買いに靴屋へ行きました。種類はそこそこあり、予算とデザインを照らし合わせ、これと思うものを買おうとしたら、合うサイズがありませんでした。店員に別のデザインの靴を訪ねてもまたサイズがない。あくまで一般的な成人男性サイズです。結局展示してあるサイズしか在庫がないものがほとんどでした。「多くのサイズを揃える=在庫を抱える=コストアップ」となり、最終的には競合店との価格競争に勝てなくなるからでしょう。
仕方ないので多少予算オーバーしても質の良いものにしようかと、「これは安いのと比べてどう違うの?」と聞けば、「これは●○というブランドなので、それで高いのです」という回答。ブランド名は見れば分かります。私は靴屋のプロとしての違いを答えて欲しかったのですが…。たくさんの種類の靴を販売している店で一つ一つの靴の特性を覚えるには、十分な商品知識の教育時間も必要です。そして教育には当然コストが掛かります。
結局私は自分のサイズに合う、とりあえず我慢できるデザインの廉価な靴を買うしかありませんでした。3倍も高い理由がブランド価値以外に分からないまま買うよりも、安いものなら失敗しても我慢できそうだったからです。
この靴屋のオーナーは売上数字だけを見れば「やはり安い靴が売れている。何と言っても価格勝負だ!」と思うのでしょうね。。数字からは見えない『顧客の不満足度』を捉えることができるのか、とても大切な事です。
私は靴を購入できたので物質的には満たされましたが、とても不満足でした。

(2012年12月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤部長)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック