フロントとして想うこと 166

時代の流れに向き合う

同業者と話していて、「そうだよな」と納得することがありました。

契約施設の方々から『総合案内所(旅行サービス手配業者)さんからの送客が減った』と言われて久しいですが、実は私どもの仕事の【取扱件数】は、景気が良かった頃とほとんど変わっていません。

ところが、【人数】が大きく減っているのです。

1団体あたりの人数が100名→40名、40名→15名など…団体人数の縮小です。

それでいて一つの団体にかける手間は、以前と同じどころか増えています。
複数コースの仮押さえや、料理写真や品書きの提出。アレルギーの対応・・・。

時代の流れといってしまえはそうですが、手間は3倍以上になっています。

愚痴を言っても仕方ないので、
ではどうするか?
何をしていくか?
を念頭に事業展開をしていきます。

img25

(2018年9月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤匡)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック