フロントとして想うこと 160

スピードと評価は比例

ある旅行業者さんの話です。

入社して5年程ですが、一人で2億円の売上を上げる、とても好感の持てる営業マンです。

その彼がお客様に対して気をつけていることは『スピード』だそう。
いかにレスポンスを早くするかが大事で、例え普通の回答でも早く返せば高い評価をもらえる。逆にレスポンスが遅ければ、完成度が高くても印象は悪くなる。

手配や仕入れをしている当社のような旅行サービス手配業者(案内所)に対しても同様のことを望むとのことでした。
よく考えれば、当社も受入施設の皆様に対して常々同様のことを望んでいます。

遅いレスポンスの例でよくあるのが、
すでに提出提案が終わってから立派な企画書が届くことでしょうか。

もう話は終わってるよ…
と残念な気持ちになってしまいますね。

お互いに早いレスポンスを心がけましょう!

名称未設定-4

(2018年6月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤匡)

  • ライン公式アカウント
  • 友だち登録するとオリジナル企画の最新情報や営業に役立つレア情報が配信されます!
    友だち追加

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック