フロントとして想うこと 149

バーチャル観光の可能性

世の中に貢献できる事は何か?
を考えることが人生でもビジネスでも大切です。

先日あるバス会社さんから面白い提案がありました。
『我々はお客様を遠くの観光地に運ぶ事が仕事だった。しかし、高齢化社会では外に行きたくても行けない方も大勢いる。逆の発想で観光地にこちらに来てもらうのはどうだろう?』というものでした。

老人ホームなどに出向いて予め撮影した観光地のビデオを投影し、バスガイドがその場で実際にご案内。さらに温泉の足湯など体験してもらい、旅館監修のお弁当を食べてもらう・・・というストーリーです。
場合によっては観光地のお土産販売などがあっても良いと思います。

このバーチャル観光を有償でスタートする予定です。
企画趣旨にご賛同の方はご一報下さい。

img12

(2018年2月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤匡)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック