フロントとして想うこと 147

アレルギーの怖さ どこまで認識していますか?

アレルギー対応が当たり前のご時勢で先日、うっかり落とし穴!と思う事案がありました。
ある大規模食事施設さんでの話です。

カニアレルギーのお客様が1名いたので事前に現地にメニュー詳細を確認したところ、
「そのメニューにカニは入っていないのでご安心下さい」との回答でした。

さて当日、お客様が到着して食事しようとしたところで、問題が発覚しました。

今回メニューの中にあった『季節の釜飯』。
時期により釜飯の中身が変わるのですが、この時はなんと「かに釜飯」だったのです。皆様の想像通りその後は大混乱。

伝達ミスが原因ですがその後の対応含め問題は長く尾を引くこととなりました。

アレルギーは命に関わる大事態です。
全スタッフの方にアレルギー対応の大切さとシビアさをしっかり認識してもらわねばなりません。

ilm09_ae04002-s
(2018年2月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤匡)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック