フロントとして想うこと 133

変わりつつある旅行営業スタイル

お客様と旅行会社とのコミュニケーションツールも変化しています。

以前は少人数グループ旅行でも、旅行会社営業マンはお客様のお宅にお邪魔したり、喫茶店で打合せなどされていました。
要は対面での直接コミュニケーションが当然でした。

これが電話に変わり、最近はメールだけで商談が成立、旅行終了まで一度も顔を合わせることがないなんて事もあるそうです。
更に最近はライン(スマホアプリ)で済んでしまう事もあるとか。

ベストのコミュニケーションは対面であることは間違いないのですが、時間的制約や費用対効果の面で新たなツールが台頭してきているのですね。

名称未設定-4

(2017年6月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤匡)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック