フロントとして想うこと 13

仲介人との信頼関係づくりとは

中抜きという言葉が流行り始めて20年ほどになります。旅行会社や総合案内所も仲介人です。当然お客様と施設が直で商売するのが、シンプル且つ低コストであります。
たまにこんな話をチラホラと聞くことがあります。
施設→お客様「今度から旅行会社さんを抜きにして直で予約して下さい。そうしたら安くしておきますよ。」
旅行会社→施設「この前、フロントさんと来てくれたけど、今回の予約は直接やらせてよ。その分、内容をよくして欲しい。」

どちらの発言も中抜きすれば安くなるという発想ですが、それなら中途半端に仲介人の力を借りずに一切を独力で営業するのが筋だと思います。
「先日同行セールスした旅行会社さんから直接連絡ありましたが、後のフォロー頼みます」とか、「次回のご予約も○○トラベル様を通じてお待ちしています」という一言がどれだけ信頼を得ることが分からないのでしょうか?その信頼が次のお客様を呼ぶのです。
ilm14_aa04030-s
(2012年8月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤部長)