フロントとして想うこと 128

営業とは自分を買ってもらうこと

営業とは、まずは自分を買ってもらうこと。
とは、よく言われていることです。

商品やサービスを購入してもらう前に営業マン自身のことを信頼してもらえねば、よい商談にはなりにくいものです。
相手の懐に入りこむ、好きになってもらう・・・という所まで行けば大したものです。

先日、一人で何億円も稼ぐ同業者の方からすごいエピソードを教えてもらいました。
まだ新人だった頃のことです。

ある旅行会社のキーマンとなる大御所の方がいました。その人が多くのお客様をもっていること、多くの権限をもっていることは周知の事実でした。『何とかしてその人と仲良くなりたい!』と思ってもその方は気難しい人で駆け出しの若造には目も合わせてくれないような状況だったそうです。
ところが、ある事をしてとても仲良くなったのです。

何をしたか?

名称未設定-2その大御所の方の趣味を調べたところ、パチンコが大好きだったのです。彼は一度もパチンコをやったことがなかったのですが、すぐにパチンコ屋に行き、その大御所さんを探し回ったのでした。
何店も探し歩いてやっと見つけたところで、隣の席に座り話しかけていったそうです。ここから一気に二人の距離は縮まったそうです。

会話の糸口となる道筋はたくさんありますが、がむしゃらに行動していく姿というのもとても感銘を受けるものです。

(2017年4月発行 Itohかわら版より抜粋 文/伊藤匡)

  • メディア掲載
  • 珍しい旅行企画を作るのでTVで取材されました!

  • Facebook
  • フェイスブック